foot prints

作詞作曲ばばらあやか

 

赤と黄色と緑色が街に蔓延っているこの頃

哀しみは悪なのだという広告を聴き流す

良いことは忘れてしまうさ

今までもそうだったんだから

 

今にも積もりそうな山の中

この日を歩くしかない途中

手がかじかんでも肉が傷んでも

わざわざようやく見つけた

 

どこか懐かしい面影を遺しては変わりゆく街で

寒い貴方を暖めることも考えてる

悪いことは覚えてるさ

したこともされたことも

 

今積もりきった心の中は

あの日を歩いてみたい途中

君がいると思うだけで

わざわざようやく気付いた

 

もしものことまで考えてたら

身動きできなくなるのだから

凍りつく前に自分であり続ける術は

 

今積もりきった心の中は

あの日を歩いてみたい途中

君がいると思うだけで

わざわざようやく気付いた

 

 

白い地面に足跡を4つつけて始めよう。