tree grandpa

tree grandpa 作詞・作曲 ばばらあやか


見上げた空淡く流れいつも近くで守ってくれる
それでいいよ それがいいよ
私の笑える方気づかせる

 

目は2つあるけど何が本当か見えない
何のためにあるのか考えたら
何かを見るためなんだよなあ
敢えてと知らずがありいちいち間に受けてたくない
すべてを流し捨ててしまいたくもない
かじとりができたらなあ

 

簡単よその全て思いのまま行けるわ
その時感じたことは全てメッセージだから

 

見上げた空淡く流れいつも近くで守ってくれる
それでいいよ それがいいよ
私の笑える方気づかせる


なぜかいつも居るから寄っかかっていた
いつまでも居ない 幼ながらにわかっていた不思議な感じ

 

あなたにもらった何かは絶対私の中をめぐってるし
花を咲かせる役目もわかっているの

 

悪いけどね 寂しくないよ
だって近くで笑っているでしょう
わかっているよ おこりんぼうって
あのテキトーさで言ってんだろなあ

 

長い遠回りのあとで宝物が待っていることは
三輪車を引っ張ったあなたの背中から教わった

 

怒って泣いて笑えるように今度は私が止まり木になる


<お願い>
 羽原朱香の作品はすべてロイヤリティフリーです。原則として、引用やご紹介等の際に許諾を求めていただく必要はございません。但し、著作権は放棄しておりませんので羽原朱香の作品であることがわかる旨のクレジットを入れてください。
 メディア等でご紹介いただける際は、励みにもなりますのでご一報くだされば幸いです。